Googleから「2023年7月1日より前にGoogle アナリティクス アカウントに関するご対応をお願いします」とメールが届いたら…

2023年7月1日より前にGoogle アナリティクス アカウントに関するご対応をお願いします

本日5月11日にGoogle社から上のようなメールが届いている方は多いと思います。
弊社のクライアント様にも届いており、「どうしたらいい?」と何件かお問い合わせが入っています。

どうしたらいいの?

メール本文にある「設定を完了」を押すと、GA4の「設定アシスタント」に飛びます。GA4のプロパティを作成していても完了ボタンを押していない場合に、UA画面に出てくるカウントダウン下(下画像参照)のリンク先と同じ「設定アシスタント」です。

2023年7月1日には既存のユニバーサルアナリティクスは計測を停止します。
またGoogleはアメリカでは「2024年7月1日にUAプラットフォーム終了」すると発表しています。

今後もGoogleでアクセス解析を行いたい場合にはGA4プロパティを作成をし、少しずつ設定して完了しておきましょう。

GA4の詳しい設定方法は、HAPPY ANALYTICS代表の小川卓さんが運営する「Google Analytics 4 ガイド」が参考になります。
▼UAからGA4のプロパティが自動作成される件に関して – Google Analytics 4 ガイド https://www.ga4.guide/ga4-auto-create/

注意)「移行」はデータ移行ではありません

「移行」と書かれているので誤解されやすいのですが、GA4とGoogle ユニバーサルアナリティクスは完全に別のツールです。
そのため、Google ユニバーサルアナリティクスで取得してきたこれまでの過去のアクセスデータは、GA4には移行されません

つまりGA4プロパティを作成しても、2024年7月1日以降、広告出稿やサイト改善をするうえでよく行う、「2年前の同じようなキャンペーンのときどうだった?」など過去データとの比較ができなくなってしまいます。

そこで必要になるのが既存ユニバーサルアナリティクスのバックアップデータです。

Analytics Backup by QA はユニバーサルアナリティクスのバックアップが取得できるツールです。おかげさまで多くのお客様からお問い合わせ・ご購入いただいています。

過去のデータをバックアップしておきましょう

2023/5/19(金)ウェブ解析士協会様主催で「あと42日でユニバーサルアナリティクスが停止。「Analytics Backup by QA」で過去データを簡単バックアップ」でセミナーを行います。

こちらのセミナーはすでにキャンセル待ちとなっているので申し訳ないのですが、もしご要望ございましたら別途セミナー等で登壇・ご説明させていただくことも可能ですのでお問い合わせください。

ちなみに冒頭で記載しました弊社のクライアント様の多くは、現在はGoogleから離れて「QA アナリティクス」でサイト分析をしていますので「特に何もする必要ありません」とお答えしています。
もちろん広告を多く出稿されているなどイベントデータを詳しく分析したいクライアント様には、GA4を設定済です。